前の記事へ | PAGE-SELECT | 次の記事へ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハムスター

写真がない出来事を、絵に描いてブログにしているのを
まっちゃんとこで見たので、今回は真似っこ kao01




ハムスターっているじゃないですか
3.jpg

ハムスターですってば、ハ・ム・ス・タ・ー
いえ、酷評はいりませんよ。 芸術家は死んでから理解されるものですからね

んで、このハムスターを中学生んとき、友達がつがいで飼ってたのね。
まぁオスメス一緒に飼えば、子供が産まれるわけなんだけど
その友達が、えらく喜ぶんですな。

というのも、この友達
あまり生き物を育てるのに適しているとはいえないタイプで
熱帯魚をヒーター無しで飼育しようとして翌日全滅になっていたり
ベタという闘魚を出目金と一緒に水槽に入れちゃったり
まぁ出目金が勝ったようで、ベタは跡形も無く食されてたけど・・・。

小学生のとき、買ったばかりの先代ハムスターを野原に持ち出してきて
草でベッド作って「ここで寝ててね?」ってそのまま放置。
うちらは鬼ごっこやらなんやらで遊んでて
戻ってくると、んま? いるわけないわな(笑) そりゃ逃げるよねぇ
イメージ的には「おかえりなさ?い♪」って出迎えてくれると思ってたんだろうけど・・・。
ちなみに翌朝、後足だけ見つかったそうな kao06

まぁ、そんなこの友達にだ
赤ちゃんハムは見たいだろうけど我慢して、そっとしとかないとダメだよって言ったところで
聞くわけもなく、ちょこちょこ覗いてたら例の悲劇ね。 血の惨劇ね。
母ハムが子ハムをモグモグですよ
当時うちらの間で流行ってたスモモ味のグミが、あれから食えなくなったっつの・・・。

んで結果的に一匹残らず子ハムが消え
愛故に(?)悪鬼になった母ハムと
子育ての間(2日ぐらいしかなかったけど)隔離されてた父ハムだけが残りました。

あの地獄絵図を見たわけだし、さすがに懲りただろうと思っていたんだけど
子ハム誕生の夢が忘れられないらしくて(食われた事実は忘れたのかしら)
父ハム母ハムを一緒のカゴに入れて、再度子供を生ませる計画を企む友達。


その数日後
遊び行こうぜ?(学校は?)と友達の家に行くと、ちょっと半狂乱になってるんですな。
どうしたのかと訊ねてみると「これ! これ!!」と、ハムのカゴを指す。
覗いてみると母ハムが

1.jpg
こんな感じに

わかりにくいかな??


2.jpg
この部分

耳の後ろから鼻までの、上の部分が無くなってたのね・・・。
残ってたのは下顎の歯だけ


朝っぱらからアレはねぇ  ちょっとねぇ  きっついねぇ ガーン


父ハムが食ったんだろうけど、なんの理由でだろう・・・?
その父ハムは、このことがあってから巣箱に丸まったまま動かなくて
一週間ほどでやっぱり死んじゃったんだよね

結局、一家揃って2ヶ月も飼育してなかったなぁ
立派な3階建てのカゴだけ残されてて、なんだか無理心中の現場みたいで、う?ん・・・。


そんな可愛いハムちゃんの思い出話でした!

スポンサーサイト

| 未分類 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://18372007.blog8.fc2.com/tb.php/6-869e4d34

TRACKBACK

前の記事へ | PAGE-SELECT | 次の記事へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。